ということで今日は結婚指輪のお話し、

やっぱり気になる金額、料金のお話しです。

 

クルールではオーダーでジュエリーを制作しておりますが、

一般的な既製品のものも含めてのお話し。

結婚指輪の平均価格は24万4000円 (ゼクシィ結婚トレンド調査2018/全国推計値)

いきなり答えですが、

全国平均は24万4000円/2本。

1本12万2000円になります。

これが結婚指輪の金額相場です。

ゼクシィ(リクルート)の調査ですので信頼性もあるでしょう。

 

 

ジュエリーにおける金額の内訳とは?

ほかの皆さんがどの程度の予算なのかを知ったところで、

まず、ジュエリーにおける料金の内訳をはっきりしておきましょう。

  1. 金額・素材の代金(プラチナとかゴールドとか)
  2. 宝石の代金(ダイアとかルビーとか)
  3. 制作加工賃
  4. デザイン料、ブランド料など

1は金属の重さにより変わってきます。太い指輪だと高くなり、細めだと安くなります。
日々の相場によっても左右されますね。

2はダイアが何キャラットとか何ピースとか、宝石を入れなければゼロですね。
あまり知られていませんが、宝石もけっこう価格変動があります。

3は製造、販売コスト。制作の難易度によります。複雑なデザインだと高くなり、シンプルなものだと安くなります。
量産体系がしっかりしていればコストも安くなるでしょうし、海外生産での削減というのもあるかもしれません。

4がなかなかわかりにくい部分ですが、お店やブランドの利益にあたる部分ですね。

 

何をどうひっくり返しても、この4つ以外にあり得ません。

もっと言えば1と3はゼロにはなりえませんので、

1と3がすべてといえます。
(デザインによって2がある場合も)

 

適正価格(相場)を見抜くには?

上記の4つの要素によって、ジュエリーの金額は決定されます。

ただ、それぞれ金属の重さを確認するわけにはいきませんし、

制作の難易度も素人目にはよくわかりません。

正直にいうと、指輪の適正価格を見抜くのは至難の業といっていいでしょう。

せめて、有名なブランドや名の知れた宝石店には、

4の部分が少なからず存在する、と気にするくらいでしょうか。

 

指輪に限りませんが、高いものには高い理由がない場合もありますが、

安いものには、必ず安い理由があります。

 

「これとこれの金額の差は何ですか?」と

遠慮せずに店員さんに聞いてください。

これは【判りやすく】【完璧に】お客さまに

説明できなければいけません。

この質問はかなり大事だと思います。

ただ、ある程度の知識がないと説明も理解しにくいので、

上記の4つは理解しておいたほうが良いです。

 

その説明をごまかしたり、判りにくかったり

説明に満足できなければ、少し注意しましょう。

自分で見抜くことが難しい以上、

極論で言えば【お店選びがすべて】といえるかもしれません。

 

 

まとめ:指輪を適正価格で購入するためには

結婚指輪であれば、平均価格(相場)を知っておき、

上記の4つの要素は頭に入れておく。

分かりにくい部分は店員さんに聞いてみる(重要)

そして信頼できるお店(人)選びをする。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジュエリークルールは愛知県豊橋市にあります

オーダージュエリーのショップです。

婚約、結婚指輪、制作体験など店内工房での

手づくりジュエリー専門店です。

お問い合わせはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー